炬燵の中でゲーム三昧

ゲームのプレイ雑記やあれこれ

Tlicolity Eyes -twinkle showtime- 感想

Tlicolity Eyes -twinkle showtime-」(Nintendo Switch、PC(分作)) 
オトメイトアイディアファクトリー
(女性向け恋愛アドベンチャー)  

Tllicolity Eyes -twinkle showtime- Switch

Tllicolity Eyes -twinkle showtime- Switch

  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: Video Game
 

 

- 満足度:★★★★ 4.0

- 総評:★★★★ 4.0

- シナリオ:★★★☆ 3.5
- キャラクター:★★★★ 4.0
- イラスト:★★★★☆ 4.5
- システム:★★★★ 4.0

良かった点
さっくりと楽しめる三角関係恋愛コメディ、短いながらもきれいにまとまったシナリオ、キャラクターデザイン・イラストのクオリティが高い

悪かった点
良くも悪くもシナリオが浅く、ツッコミどころが多い

プレイ状況
エンディング、CG フルコンプ

プレイ時間
共通ルートが 1、2 時間、個別ルートが 1、2 時間、フルコンプで 15 時間程度

作品情報

Tlicolity Eyes -twinkle showtime-』は 2018 年に vol. 1 ~ vol. 3 の分作でオトメイトにより発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームで、選択肢によって分岐していく、シンプルなノベルアドベンチャーゲームです。2019 年には全三巻が一本のゲームとして Nintendo Switch に移植されており、今回プレイしたのはこちらの移植版です。キャストは、
- 翠川チヒロ:小野友樹
- 小野沢マサト:前野智昭
- 仙波ワタル:柿原徹也
- 望月ヨウスケ:梅原裕一郎
- 榊原コウ:松岡禎丞
- 榊原ユウ:木村良平

物語

 舞台は、現代からほんの少し未来の話。人口の三割程度が「能力」を持つ世界。このゲームの主人公たちは、他人のステータスを一時的に増強させる代わり、異性に使うと相手を「トリコ」にしてしまうという副作用のある能力を持っていて……。

さっくりと楽しめる三角関係恋愛コメディ

 あらすじからも分かる通り、ファンタジー要素のある恋愛コメディで、明るくサクッと楽しめます。綺麗なイラスト、豪華な声優陣も相まってキャラクターがとても魅力的です。また、各巻ごとに主人公が異なるのも特徴で、それぞれ個性があり魅力的なヒロインとなっています。前情報からシナリオには全く期待していなかったのですが、思いのほか起承転結がしっかりしていて、短いながらもまとまっていました。このゲーム単体でみるとシナリオが薄めなのは否めないので、シナリオを重視する人にはあまり勧められませんが。Vol. 1 が一番シナリオがしっかりしていて、Vol. 2、Vol. 3 とあとの巻にいくにつれ、シナリオよりもキャラクターの比重が大きくなっていった印象。個人的には、シナリオなら Vol. 1 が、キャラクターなら Vol. 3 が好きです。

 それから、目玉(?)のトリコリティモードでは、とにかく甘い口説き文句を聞ける上に、好感度によって台詞が変わるなど、バリエーションも意外にあるので、好きな声優がいる人などは楽しめると思います。

まとめ

 明るく手軽に楽しめる恋愛コメディで、とても楽しめました。シナリオはあっさり風味ではありますが、パッケージからしてシリアスさや重厚さは求めていなかったので、良い意味で予想を裏切らない、期待通りの作品でした。

 とはいえ、本作の良さ魅力についてはイラストや声優が占める割合が大きめなので、そこに魅力を感じないのであれば無理にプレイする必要はないかも。個人的には、イラストがとても好みで、好きな声優もいたので、とても楽しまました。

 

 ※ 以下、ネタバレありの個人的な感想です。

 

 キャラクターの印象を並べるとこんな感じです。

【プレイ前】
攻略対象:ヨウスケ>ユウ>コウ>マサト>チヒロ>ワタル
主人公:棗>桜>葵

【プレイ後】
攻略対象:ユウ>コウ>>チヒロ≧ワタル>マサト>ヨウスケ
主人公:桜>葵>棗

 

 以下、キャラ別感想。

 

翠川チヒロ

 はじめはミーハーな素人だと邪険にした桜に対し、その努力と才能を認めていき、徐々に関係性が変化していく展開が好きです。序盤のつんけんした態度と、恋人関係になってからの情熱的な態度とのギャップがすごい。能力を肯定されて育った桜と、能力によるトラウマを持つチヒロという構図も良いです。チヒロの持つ人を意のままに操る能力って実際他人から恐れられる対象ですよね……。それをあっけからんと受け入れる桜の懐の広さも魅力的です。

小野沢マサト

 優しくて、叱るときには叱ってくれる、頼りになる社長。(自他問わず)言葉の真偽を見抜く能力を持っており、嘘をつく他人や、成長するにつれ嘘をつくようになってしまった自分にある種の諦観を持っていますが、それ故に素直で正直な桜に惹かれていく展開が良いです。桜の好意を突き放そうとしながら、最終的には「自分の心に嘘はつけないんだな」と受け入れるシーンがこのゲームで一番印象に残っています。嘘をつきながら生きている自分を自覚しているのに、いつも通り自分の心も嘘で蓋をすれば良いはずのにそれができなかった、というのがすごく良い。そして、マサトに嘘をつかれ裏切られながらも、嘘偽りない自分をぶつけていく桜が相変わらず男前。

仙波ワタル

 女の子好きのプレイボーイかと思いきや、かまって欲しがりの甘えたさん?なんだか放っておけない感じが好きです。聞いたことをすべて記憶する能力を持っていて、幼少期に同級生の女の子から受けた中傷がトラウマになり、真剣に恋をしたことがないという。棗との交流で恋に前向きになったと思ったら、これまで付き合った女性と真剣に向き合ってみるという斜め上の方向に。いや、目の前に気になってる相手がいるでしょと突っ込みをいれつつ、不器用にすれ違う感じが微笑ましくて良かったです。

望月ヨウスケ

 棗に対して超過保護な保護者。見たことをすべて記憶する能力を持っていて、8 年前に棗を助けたときからずっと想いを寄せていたいたという一途さ。8 年前の出来事への思い入れが強すぎて、今も昔と変わらない守るべき対象としか棗を見ていないヨウスケに対し、棗が「振られちゃいました」と啖呵を切るシーンは格好良いです。

榊原コウ

 松岡禎丞さんのツンデレはずるいと思います。素直になれなかったり、トリコリティモードがとけて照れているシーンがすごく好き。Vol. 1、Vol. 2 と攻略対象が全員能力者だったので今回も能力者かなと思いきや、唯一能力を持たないキャラクターで少し驚きました。マネージャーとアイドルという関係性に囚われて素直になれない葵の心を掴むため、成長していくコウが良かったです。主人公のことを「葵さん」とさん付けしているのもツボ。

榊原ユウ

 ミステリアスな男の娘アイドルとしての顔と、素のいたずら好きな顔のギャップが滅茶苦茶良かった。それぞれの顔でがらりと演技が変わるので、雰囲気が全く違うんですよね。相手の能力をコピーする能力を持っていますが、それ故に他人の(特に兄の)コピー以上にはなれないことをコンプレックスに思っていて、この双子の互いに大事に思っているからこそすれ違っている感が好きです。葵に対する、本気か冗談か分からないような冗談めかしたアプローチそれ自体も好きなのだけど、それが自分への自身のなさや兄に対するコンプレックスの裏返しなのが滅茶苦茶良かったです。